> 非モテでも彼女を作る方法

割り勘にする男はダサい?女側が言うのは筋違いだが、奢るべきこともある

今回は「割り勘にする男ってダサいですか?」と質問をいただいたので、それに回答していく。

結論から言えば、状況によってはめちゃくちゃダサい。

すでに付き合っていたり、ある程度友達関係が長いなら割り勘でも良いと思うが、あまり関係性がない女子を男側から誘ったのであれば、割り勘にするとダサくなるケースが多い。

ただし女側が言うのは筋違いでもある。そんな話をしていく。

目次

割り勘にする男は、ダサい。

少なくとも、恋愛に発展する可能性のある出会い方をした女子に対して、男から誘った初回の食事を割り勘にする男はダサい。これは間違いない。

しかし誤解しないでほしい。女子は決して100%奢られたいと思っているわけではない。財布を出したくないわけでもない。

ただ「誘うなら心意気を見せろ」と言いたいわけだ。

せめて初回の食事くらい、男から誘ったのであれば支払うのがベターだ。なぜなら、そのほうがスマートだからである。

ここで「奢られるのが当たり前だと思ってるような女なんて〜」みたいなことを言い出す男は、本当にモテない。その子はその他大勢の一般人ではなく、自分が狙っているたった一人の人間なのだから「男女平等」はここで使う言葉ではない

初回の食事代くらい奢るのは、相手の女子に対する誠意である。

ただし女側が言うのは筋違い

ここまでに話したのは、あくまで男側の心構えだ。

女側が「割り勘男なんてダサい」と口にするのはやめた方が良い。下記のツイートが全てをあらわしている。

モテる女子は、求めなくても勝手に奢られるのだ。

奢られないなら、相手の男がダサいか、自分がしょーもないか、恋愛対象と見られていないか、いずれかである。

相手の男がダサいなら、そんなしょうもない男と関わるのが間違っている。自分がしょうもない可能性もあるし、関係性を勘違いしている場合がある。

「割り勘男がダサい」と言っていいのは、あくまで男側だ。

男が女子との食事を割り勘にするデメリット

次に、なぜ割り勘がダメなのか説明しておこうと思う。割り勘男につきまとうデメリットをまとめた。

女側からすると、なぜ誘われたのかわからない

奢るという行為は、例えば「恋愛関係、主従関係、上下関係」など、何かしらの「関係性」を構築しておきたいというメッセージに繋がる。

要するに「あなたに対してカッコつけたいんですよ」というアピールになるのだが、割り勘にすると、そのメッセージ性が損なわれる。

もちろん普通の友達相手なら、そんなメッセージ性を込める必要がないから割り勘で良い。しかしそうでないなら、女子からすると「割り勘」は訳がわからないのだ。

なぜ誘ったのか、達成したい目的を考えてみるとよい。

噂はすぐにまわる

例えば何かのグループ内で気になっている子を誘って食事に行き、割り勘にしたとする。

すると後日、下記のような会話が繰り広げられる可能性がある。

Aさん「この前◯◯に誘われてご飯行ったんだけど」
Bさん「え?どこいったの?」
Aさん「んー◯◯ってお店」
Bさん「へー」
Aさん「まあ割り勘だったけどね」
Bさん「そうなんだ、なんだったの?」
Aさん「わかんない」

こんなことになっても良いのだろうか。別に噂を広める意図がなくても「よくわからないけどAさんを食事に誘って割り勘にした男」というイメージが広がるかもしれない。

割り勘にするとダサいシチュエーション

それでは、割り勘にするとダサい具体的なシチュエーションについて解説していく。

男から初回の食事に誘ったとき

恋愛対象の女子を初回の食事に誘ったとき、割り勘にするのはダサい。

金額がどうという話ではなく、そこに投資できないマインドの男に将来性が見えない。その子からモテたいなら、当たり前のように奢るべきである。

奢ることで「あなたと恋愛関係になりたいんですよ」というメッセージになる。

後輩の女子と食事にいったとき

後輩の女子と食事にいって割り勘にするのは、人間としてダサい。

この感覚がわからないなら一生モテないと思うが、もし「後輩だろうがなんだろうが割り勘でいいじゃん」と思っているなら、すぐに見直すべきである。

ブランドで固めたようなイキったファッションをしているとき

もしゴリゴリにイキってお金をかけた身なりをしているなら、それで奢らないのは嘘だ。さすがにダサいし、なんのためにイキったファッションをしているのかわからない。

イキった感じを出したいなら、見た目だけでなく行動も伴わせるべきである。

割り勘にしてもダサくないシチュエーション

ただし、全部が全部割り勘にする必要もない。

要するに、その食事に恋愛や主従、上下などの関係性がない場合は割り勘にしても良いだろう。

すでに関係性のある、男女の友人同士で食事に行ったとき

別に男女の関係でもなんでもない、すでに仲の良い相手と食事に行くときは、あえて奢ると違和感がある。

割り勘だったり、なんとなくその食事ごとに交互に多く出したりと、適当に割り勘にすることがほとんどだろう。

大人数のグループで食事に行ったとき

男女のグループで食事に行ったとき、それが出会いの場や合コンでもないなら、男が奢り始めると逆に意味がわからない状況になるかもしれない。

社会人なら同僚同士、学生ならゼミのメンバーなどで食事に行った時は、普通に割り勘で良い。

相手とすでに付き合っているとき

すでに付き合っているなら、それはもう二人の関係性になる。

もしも「奢らないとダサいかな」なんてヤキモキしないといけないような相手と付き合っているなら、釣り合わないからやめておいた方が良い。

自然体で付き合える相手を見つけるべきである。

まとめ

まとめると「狙った女の子と食事に行くなら、しのごの言わず奢っておけば良い」ということである。

細かいことを言う男はダサいし、それは相手に伝わる。

そもそも恋愛関係になることを期待するなら「奢っても良いと思う女の子」と食事に行くべきであり、どうでも良い相手を誘うのは、お互いに時間の無駄である。

編集部おすすめ

男の財布選びに迷ったら、間違いないのが国産ハイエンド革製品ブランドのココマイスター(COCOMEISTER)だ。

ハイエンドなのに3万円台から手に入り、また公式から購入すれば永年保証までつく。

公式通販なら14日間の返品交換保証もつくため、革にこだわりがある人でも安心だ。

男がダサい財布を避けるなら、まずココマイスターを検討してほしい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

ハイブランドショップのマネジャー、元スタイリスト、美容師etc...
あらゆる「見た目とサービスのプロ」が、本当のダサさを追及します。

目次
閉じる