> 非モテでも彼女を作る方法

男のボディバッグはダサい?どうすればダサくなくなる?

今回は「男がボディバッグ持つのってダサいですか?」と質問をいただいたので、それに回答していく。

まず結論から言えば、ボディバッグを持っている日本人の男はダサいことが多い。

だがそれは多くの場合、ボディバッグ自体が悪いのではない。もちろんバッグ自体がダサいこともあるが、ボディバッグを持っている男がダサいケースが多いのが原因である。

そんな話をしていく。

目次

ボディバッグとは

出典:楽天

ボディバッグとは、ワンショルダーで斜め掛けをしやすい作りになっている小ぶりなバッグだ。

たまに腰にベルトで巻き付ける「ウエストポーチ」をつけているお爺さんがいると思うが、あれと大体同じフォルムで、体に沿わせるために最適化した作りにしてある。

そんなボディバッグだが、男が下手につけるとダサい「急に田舎から出てきた人」とか「体は大人、中身は子供」にしか見えない男も多い。

よってアイテム選びやファッションにある程度の自信がなければ、大人の男がボディバッグを持つのは避けた方が良い可能性もある。

男のボディバッグがダサいと言われる理由

出典:amazon

では男がボディバッグを持つのがダサいと言われる理由は何か。

これは「アイテム選び」「男のクオリティ」の話に分かれる。まずはボディバッグ自体のダサさ、次に男自体のダサさだ。3つにまとめた。

安っぽいボディバッグはシンプルにダサい

まずはアイテム選びの話である。ボディバッグにおけるダサさの本質は「安っぽさ」だ。

例えばトートバッグは、別に安っぽくてもアリな場合がある。キャンバス地でオモコロ系デザインのトートを持っていても「あえて持ってる」っぽさを出せるかもしれない。

しかしボディバッグだと、それがなかなか難しい。

体とサイズの合わないボディバッグはダサい

ボディバッグにはいろいろな種類がある。三角形のような形のもの、ウエストポーチのような形状のもの、四角いもの、形も大きさも様々だ。

そんなボディバッグだが、適正サイズというものがある。大柄な男が小さなボディバッグを持つとダサいし、小柄な男が大きなボディバッグをつけるとまさに子供みたいだ。

鏡で見てバランスが少しでもおかしいと思ったら、そのボディバッグは持つべきではない。

子供みたいな格好をした男が持つとダサい

それがどれだけ良いボディバッグだったとしても、子供みたいな格好をして歩いている男が持っているとダサい。

髪の毛ボサボサでわけのわからないメガネをかけて、ダボダボのジーパンに謎のチェックシャツを着た男。それはやはり、どれだけ綺麗なボディバッグを持っていてもダサい。

ダサい男は、ボディバッグだろうがなんだろうがダサいということだ。

スーツと合わせるのも引くほどダサい

ボディバッグをスーツと合わせている男も多いが、これがダサい。

アパレル業界が苦肉の策として「シンプルなボディバッグはビジネスでも使える」なんて訴求するもんだから、真に受けてつけている男がいるのだ。

あえて言おう。スーツにボディバッグを持っている男は、どれだけイケメンでもダサい。絶対にやめてほしい。

例えば営業先にボディバッグで飛び込んでいくことをイメージしてみると良い。そんな奴に仕事を頼もうと思うクライアントはいないはずだ。じゃあ営業以外なら持って良い?そんなわけはないし、ただダサいだけである。

男がボディバッグを持ってもダサいと言われなくするテクニック

どうしてもボディバッグを持ちたいなら、ダサいと言われないためのアイテム選びと服選びを身につけると良い。基本事項を解説していく。

3色以上入ったボディバッグは避ける

ボディバッグはそもそもカジュアルなアイテムだから、色が増えるほど安っぽくなる。よってアイテム選びに自信がないなら、3色以上入ったボディバッグは選ばない方が良い。できれば単色のものがおすすめである。

なおこれにはファスナーの色も含まれる。例えばバッグが黒でファスナーがシルバーなら、これで2色だ。そこに何かしらのデザインで茶色などが入ってくると、その時点でだいたいダサくなる。

まともでカジュアルな格好をする

ボディバッグをつけるなら、まともな服を着ないとダサい。もちろんスーツもダメだ。まともでカジュアルな格好とは何かというと、その時々で街中の人が着ているようなファッションである。

大昔にはダボダボの汚いB系みたいなファッションが流行ったこともあれば、細くてピッタリしたスタイルが流行ったこともある。そのど真ん中を行く必要はないが、ある程度「みんなと同じ」格好ができない男は、ボディバッグを持つとだいたいダサくなる。

ダサいと思われたくないレベルなら、我が道はいかない方が良い。

前傾姿勢かつ大股で歩かない

歩き方も重要だ。ダサい男ほど、前傾姿勢(猫背でもある)で、なおかつ大股でドシドシ歩く傾向にある。なぜかボディバッグをダサくつけているような男ほど、こんな歩き方をしていることが多い。

背筋を伸ばして、歩幅はおさえて足を動きを速くすると良い。

ボディバッグは、男が下手につけるとダサい

繰り返すが、ボディバッグ自体は悪くない。沢山色の入ったカジュアルなものでも、例えばアウトドアシーンなら良いかもしれない。その時々にふさわしいファッションというものがあるのだ。

それができず、適当に使うとダサくなる。ボディバッグをつけるときは、ぜひよくよく自分の見た目を選んでほしい。

編集部おすすめ

男の財布選びに迷ったら、間違いないのが国産ハイエンド革製品ブランドのココマイスター(COCOMEISTER)だ。

ハイエンドなのに3万円台から手に入り、また公式から購入すれば永年保証までつく。

公式通販なら14日間の返品交換保証もつくため、革にこだわりがある人でも安心だ。

男がダサい財布を避けるなら、まずココマイスターを検討してほしい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

ハイブランドショップのマネジャー、元スタイリスト、美容師etc...
あらゆる「見た目とサービスのプロ」が、本当のダサさを追及します。

目次
閉じる